歯周病の原因と予防!また意外な事実

歯周病とは

歯周病とは、歯に細菌性のある歯垢がくっついてしまい、そのせいで歯肉が腫れてしまったり、血が出てしまうという病気です。最悪歯が抜けてしまいます。
日本人が歯を失う大きな原因となっている病気なので、決して他人事ではないでしょう。この歯周病は、なんと
日本人の成人の約80パーセントが歯周病にかかっていると言われています。

 

それだけ、この歯周病と言うのは、日本人にとって身近な病気のひとつであると
いってもいいと思います。この歯周病の治療が早ければ、まだ完治させることは
できますが、進んだ状態になってしまうと、完治は難しですし、歯が抜けてしまう
おそれがあります。

 

しかし、この歯周病というのはやっかいなもので、初期状態だと
自覚症状がありません。もし、自覚症状が出たときには、だいぶ進んでいると
思っていてくださいね。

 

早期発見をするためには、歯科医などにいって定期的な
検査をしてもらうことが早期発見への近道となるでしょう。

歯周病の原因

歯周病の大きな原因としてあげられるのは「食べかす」です。これらが
歯の周囲に細菌性のある歯垢になり、歯肉と歯の間のポケットに入ってしまい、
その中で繁殖を繰り返すことで歯周病を進行させます。

 

この他にも、全心疾患や糖尿病などのせいで、歯周病になってしまう人もいますし
ストレスのせいでホルモンバランスが崩れてしまい、歯周病になってしまうと
いうこともあるそうです。

 

主な原因は「食べかす」ですが、様々な理由により歯周病になってしまうので
しっかりとブラッシングをしているから安心というわけではないようです。

 

またアメリカのデータによりますと、固くてあまり栄養のないお肉と、
柔らかくて栄養のあるお肉を食べた場合、歯周病にかかりやすいのは
なんと柔らかいお肉という結果が出たそうです。

 

やはり噛むということがどれだけ
大事か物語っていますね。

 

歯周病にかからないためにはしっかりと歯を磨いて、また固いものを食べて
歯を丈夫にさせることが大切だと思います。

 

歯科医にいって定期診断を
受けてみて、歯周病だと診断された場合は治療とこれ以上進行しないための
予防が必要となってきますね。