歯周病予防のためのブラッシング

歯周病予防のためのブラッシング

自分が歯周病であるということを感じ取るのはかなり難しいことであると言えます。

 

なぜなら、歯周病というのは虫歯とはちがってほとんど痛みを感じることがないままに進行して悪化してしまうからです。

 

たとえば、歯を磨いていてどうやら歯ぐきからの出血があるらしいことを確認した際に「もしかしたら自分は歯周病なのでは・・・」と考える人はそれほど多くないはずです。

 

 

 

しかも、そのように考えた人であっても、忙しさにかまけて歯医者に行ってみるいなんていう発想にまでたどり着く人はもっと少ないということになります。

 

そこで・・・というわけではないですが、歯周病予防を自分でできることならしておきたいところ。

 

そこで、実際に私が歯科衛生士の方に教わったブラッシング方法についてお話しましょう。

 

 

 

みなさんがどんな歯ブラシを利用しているかはわかりませんが、私は従来から硬めのブラシを利用していました。

 

ところが、硬いブラシだと、弾力が少ないことから磨き残しが多くなってしまう可能性が高いのだそうです。

 

まずは「柔らかいブラシ」を利用することをおすすめします。

 

 

 

そして、「歯」を磨くのは当然ですが、歯だけではなく「歯ぐき」を磨くようにすることが重要です。

 

歯と歯ぐきの中間あたりをしっかりとブラッシングします。

 

ブラッシングの際に、ブラシを縦にして、上の歯および歯ぐきはブラシの上部で、そして下の歯および歯ぐきはブラシの下部でしっかりとブラッシングするイメージで歯磨きすると、ていねいに歯ブラシできるということです。お試しを。