歯科医院の設備投資

歯科医院の設備投資

歯科医院の設備投資は初期投資としてまとまった額が必要となります。数千万単位が必要になるとはいわれてはいますが、色々なことを工夫することでそうした初期費用もかなり削減することができます。

 

 

 

いまは医療機器の競争も激しいので、最新鋭の機器を導入したとしてもそれらが数年ですぐ新しい機器にとって変わられるのは目にみえていますね。

 

 

 

そこでそうした医療機器のレンタルを賢く利用することによって、常に最新機器を利用することができるし、大きな投資をしても元がとれないというようなムダを省くことができるのです。また新規開業というと全て新品で始めるのが良いと思うのはやまやまなのですが、治療の為のイスなど、中古品でもかなりの良品が安く買えるのを知っていますか。

 

 

 

特に医療機器専門の回収業者、引き取り業者などに聞いてみると商品をみせてくれたりするでしょう。あいにく、歯科医はかなりの競争を強いられている事が多く、新規開業したとしても数年で歯科医院を閉めざるを得ない状況に追い込まれる歯科医があとをたちません。

 

 

 

そうしたまだ新しい機材を手に入れる方法としては、中古品に目を付けるのは悪くありません。タイミングによっては新品同然のものが安く手に入ることでしょう。

 

 

 

初期投資がすくなければすくないほど、その余った部分を運転資金にまわすことができますから、それだけ事業が軌道にのるまでは余裕を持つことができます。ムダをなくして効率よい経営ができるよう、色々方法を考えましょう。