豊胸に自分の脂肪を使う

豊胸に自分の脂肪を使う

ボディラインを整える為に余分な脂肪はいりません。豊胸手術はもちろん胸を豊かにするだけではなくて、全体のバランスを整えつつ、また体調を崩さないように豊かにする必要があります。つまり豊胸手術もバランスが大切ということです。いまでは自分の脂肪をつかって胸に注入する方法が注目を浴びています。

 

しかしこの脂肪注入法も、脂肪の壊死や石灰化など問題があり、手術を躊躇う方も多かったのです。最近はこれらの注入する脂肪を選り分け、健全な脂肪だけを胸に注入したり、または脂肪を摂取するときと注入するときの二度麻酔の時間を短縮して、より体に負担の少ない形で手術を終えることができるようになりました。豊胸 脂肪注入ならこちら。

 

自分の体のなかで気になる部分をボリュームダウン、そして胸などボリュームの欲しいところにそれらの脂肪を加えることはある意味夢の手術でもありますが、医師の詳しい説明をしっかり聞いいて、その他の豊胸手術とも比較し、一番自分にあった、ダメージの少ない方法を選んで行く事が必要です。技術の進歩でこの脂肪注入法もかなり安全な施術になっています。