歯周病の基礎知識

歯周病の基礎知識記事一覧

歯周病の心構え!

歯周病を治すための心構えとしては、絶対に医師任せにはしないということです。何故なら、歯周病は、ある意味生活習慣病のひとつだからです。歯周病になってしまったら、医師に相談して治してもらったりはするでしょうけど、しかし、また同じ生活をしていれば、結局はまた歯周病になってしまい、治療そしてまた繰り返す。こ...

≫続きを読む

 

歯周病は感染症なの!?

実は、歯周病とは一つの感染症なのです。歯の最近のひとつに歯周病細菌という最近がいます。これは、口膣内に感染することで、歯周病が始まります。しかし、生まれてきた子どもの口の中にはこの最近は存在しません。では、どうやって感染するのか?それは家族から感染してしまうのです。10代で歯周病になってしまう若年性...

≫続きを読む

 

歯周病になると口臭がきつくなる?

歯周病になると、口臭がきつくなるという考えがあるかもしれませんが、それは間違っております。もちろん、歯周病があまりにも進んでしまうと、他人にもわかってしまうほど、口臭はきつくなりますが、基本はそんなに口臭につながりませんよ。なので、歯周病=口臭がきつくなるという考えはやめたほうがいいです。口臭の原因...

≫続きを読む

 

歯周病で人は死ぬ?

歯周病で人は死ぬのか?ということですが、歯周病で人は死ぬことはないと思います。しかし、歯周病の原因は「食べかす」や「歯ブラシケアの不足」だけではなく、全心疾患による歯周病もあるのです。例えば、全心疾患でピンとくるのと言えば糖尿病ですね。この糖尿病の人は、感染に対する抵抗力が低下しますよね。だから、合...

≫続きを読む

 

もしなってしまったら?

もし歯周病になってしまった、診断されてしまった場合はもちろんこれ以上進行しないために治療が必要となってきます。その方法としては歯石などを綺麗に掃除してくれるスケーリングを行ないそのあとに、ザラザラした歯の面を平らにしてくれる「ルートプレーニング」を行います。これが、歯周病の治療となっております。しか...

≫続きを読む

 

歯周病とストレス

現在歯周病で悩んでいる方必見です。私も悩んでいる1人です。小さい子供がいてなかなか歯科へ行けずこまっています。歯周病は、ほっておくと歯が抜けてしまう、他の病気の原因になると聞きました。病気はストレスが原因とも言われてますが、歯周病も関係あるかどうかをしらべてみました。ストレスと病気についてはよく知ら...

≫続きを読む

 

歯周病を放置すると

歯周病で歯が抜けても、そのまま放置しておけばいい、こんなことを考えている方はいませんか?いいえ、決してそうではありません。最近では、糖尿病、早産、未熟児、心臓病、脳卒中、肺炎など、さまざまな病気との関係も指摘されています。口内細菌が招く病気に、糖尿病があります。慢性的に血糖値が高くなり、全身の免疫力...

≫続きを読む

 

歯周病と身体の関係

歯周病になると、歯だけではなく実は身体のなかにも影響が出てきます。その障害の一つが胃腸障害です。なぜ、歯周病になると、胃に障害が出てきてしまうかと言いますと、それは歯が痛くて、よく噛めなくなってしまうからです。噛み合わせが悪いと内蔵に負担がかかるのと一緒かもしれませんね。噛むのが痛くなってしまうと、...

≫続きを読む

 

歯科医院の設備投資

歯科医院の設備投資は初期投資としてまとまった額が必要となります。数千万単位が必要になるとはいわれてはいますが、色々なことを工夫することでそうした初期費用もかなり削減することができます。いまは医療機器の競争も激しいので、最新鋭の機器を導入したとしてもそれらが数年ですぐ新しい機器にとって変わられるのは目...

≫続きを読む

 

歯周病は全世界で増えている???

2001年のギネスブックにある感染症について書かれてありました。それは何だかわかりますか?そうなんです、実は歯周病なんです!『全世界で最も患者が多い病気は歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない。』とギネスブック2001に書かれてあるんです。それもなんと近...

≫続きを読む

 

治療の値段

歯周病にかかってしまった時、どれだけの治療費がかかってしまうのかと心配する人もいるかもしれません。しかし、残念ながら歯周病の治療費は1回いくらという設定ではないのです。その、治療行為に対して費用がかかってしまいます。レントゲンの撮影料金これも、何枚とったかで変わってきます。歯周病の検査・歯周病の治療...

≫続きを読む

 

歯ブラシに血がついたらすぐに病院へ

もし、歯ブラシに血がついていると気づいた場合は、すぐに歯科医にいったほうがいいかもしれません。もしかすると歯周病の原因かもしれません。また、腫れがある場合も行っていたほうがいいかもしれませんね。もちろん、ただ歯磨きの仕方が間違って、歯茎を傷つけてしまい血がついてしまったりする場合もあります。しかし、...

≫続きを読む

 

歯ブラシの選び方

歯周病予防の一つに歯ブラシとありますが、では、歯ブラシは何を使っても大丈夫なのか?というわけではありません。やはり、歯ブラシの選び方にもコツがあるようです。歯ブラシの目安としては、ヘッドが大きくないものを選びます。大きいと奥までいかずに磨きにくくなります。しかし、あまり小さいと磨き残しが出てきますの...

≫続きを読む