治療の順番2

治療の順番2

前回に引き続き今回も治療を順番に見ていきましょう。ブラッシングの指導と歯石を削った後は悪くなっている詰め物や、修復物を削って新しいものに変えます。
前回のレビューの状態だと歯茎自体はかなりよくなっていますが、放っておけばすぐに歯周病が悪化します。

 

治療はあくまで一時的な効果ですから、これを維持するには口内を常にきれいな状態に保てるようにしなければいけません。
かみあわせなどもここで治療します。ちょっとかみあわせが悪いだけでも、大きな悪影響が出ます。

 

また、歯が悪くなり根本からぐらついている状態ですと、場合によっては歯を抜きます。
こうした噛み合わせや詰め物などをして歯を安定した状態にします。

 

これが終わればもう一度検査をして問題がなければメンテナンスとなる場合もありますね。

 

そうではなく悪い状態ならば外科処置に入ります。これまでの治療をしても歯と歯茎の間に隙間があると、また歯周病になり悪化していきます。
外科処置をすればそういった隙間を少なくできます。
少なくした状態ならば、歯磨きをすれば口内を常にきれいな状態に保てるのです。再生治療で歯茎を増やせることもありますが、これは歯の状況によって効果が違ってきます。

 

こうして検査をして問題がなければメンテナンスです。
メンテナンスまできたらほとんど終わりです。歯が動かないようにしっかりと固定します。

 

ここまで書いた治療の順番、内容はあくまでも一般的なものなので状況によって違っています。
まずは相談検査、そして治療が終わったら、ただしい歯磨き、生活を心がけましょう。