噛み合わせの悪さは歯周病を悪化させる

噛み合わせの悪さは歯周病を悪化させる

かみ合わせの悪さ、歯並びの悪さ、入れ歯があっていないといないと
歯周病になりやすい、また悪化させます。

 

池袋 歯科

 

何故なら、プラークがたまりやすい
条件だからです。とくに歯並びが悪いと、磨き残しが多くなるので、その分
付着した歯垢(プラーク)が除去できていない、ちゃんと外に出せていないことになる。

 

 

 

逆を言えば、歯並びがいい人は、それほど神経質に磨かなくても磨き残しが
ないので歯周病になりにくいと思っていても結構ですよ。

 

豊洲 歯医者

 

しかし、歯並びが悪いと
神経質になっても、磨き残しの可能性が出てきますので、やはり歯周病の問題が
出てきます。では、歯並びが悪い人はどうすればいいかと言いますと、やはり
ちゃんとしたブラッシングを覚えることが大切でしょう。

 

 

 

また、同じところを
20回も30回もやることが大切だと思われます。これらをしっかりとすることで
歯並びが悪くても歯周病にはなりませんし、歯磨きをちゃんとすることで
虫歯にもならない丈夫な歯になるわけです。

 

 

 

また、歯並びをちゃんとしてくれる
治療などもあると思いますので、それを受けるのも一つの手かもしれません。