ブラッシング方法で歯周病を予防しよう

ブラッシング方法で歯周病を予防しよう

歯周病の原因は歯垢(ブラーク)ですから、ためない、増やさないことは基本です。まず正しい歯磨きの方法で毎日実行してください。

 

 

 

磨く場所は、歯と歯の間、歯と歯肉の境目、歯ブラシの頭が届きにくい所(奥歯)です。歯ブラシの毛先が、磨くポイントにしっかりと当たるようにしましょう。そしてはじめは鏡を見ながら毛先が届いていることを確認するのも良いでしょう。

 

そして歯と歯肉を傷つけることなく歯垢を落とすことを心がけてください。小さく横にでも、縦にかき出すようにしても、円を描くようにしても良いので、あまり力を入れすぎずに軽く磨くようにしましょう。

 

 

 

力を入れて磨くと、歯ブラシの毛先が開いてしまい歯垢が落とせません。さらに、歯や歯肉を痛めてしまいます。力の目安は、毛束がまっすぐなまま歯面に当たる程度でよいのです。

 

毛先を使って磨く方法が歯垢の除去には効果的です。つい大きく動かしがちですが、歯に凹凸があるため小刻みに動かさないと、引っ込んだところには毛先が届きません。特に、裏側や歯と歯の間を磨く時は、大きく動かすとせっかく入った毛先が出てしまいますので注意してください。1ヵ所につき10回〜20回くらい磨きましょう。

 

 

 

歯垢は粘着性が高いため、2〜3回歯ブラシを動かした程度では落としきれません。1日に最低一度は、時間をかけて(5分以上)ゆっくりと隅々の歯垢を取り除いてください。毎食後すぐに磨くことが理想です。特に、寝る前に丁寧にゆっくりと磨くことが効果的です。

 

歯科をお探しであれば、西新宿にあるS&Aデンタルクリニックがおすすめ。

 

でもじつは、毎日歯磨きをしていても歯周病にかかってしまうことが多いのです。なかなか磨いているようで磨けていないことも多いので、専門家のアドバイスを受け、定期健診を受けることが大切です。