歯の痛みはこわい

歯の痛みはこわい

食事をした後や、甘いお菓子など食べた後に、きちんと歯を磨かないとあとで恐ろしいことになります。
歯の痛みは、ほおっていては絶対にいけません!歯周病は本当に恐ろしい病気なのです。癌と同じように恐ろしい病気です。

 

 

 

昔、こういう人がいました。歯周病にかかったのですが、そのままほおっておいて、歯が痛くなるといつも痛み止めの薬だけを飲んで痛みを止めていました。ある時、ものすごく痛みがでてきて、それでも病院には行かず、いつものように痛み止めの薬だけを飲んでいました。その人は、とても頑固で我慢強い人でした。それがいけなかったのでしょう。

 

六本木で歯科をお探しなら

 

痛みはますますひどくなり、歯茎が腫れ、顔まで腫れてしまいました。腫れた顔の皮膚が破れて、その部分から膿みが出て、ものすごい悪臭がしました。それでも放置していたので、その膿みの菌がなんと脳にまで入ってしまったのです。その人は救急車で病院に移送されましたが、もうすべてが手遅れでした。脳死状態になり、悲しいことにそのまま息を引き取ってしまいました。

 

 

 

このように、歯周病は本当に恐ろしい病気なのです。人の生命までを奪い取ってしまうかもしれない病気です。ですので、もし歯が痛くなったら、すぐに歯科医のところへ行くようにしましょう。そして、悪いところはすぐに治療しなければいけません。歯は、体の中で一番大事なところであるといっても過言ではありません。

 

 

 

歯が悪ければ食べ物も食べることができませんし、よく噛めなければ胃まで悪くなるといわれますよね。「たかが歯」といってバカにしてはいけません。歯周病は本当に怖い病気なのです。生命にかかわる大事に至る前に、歯周病はきちんと治すようにしましょう。