歯と食べ物

歯と食べ物

今、自分の目の前に、本当に美味しそうなケーキやパンがあったら食べたくなりますよね。
でも、それは歯を病気にする甘い誘惑なのです。「それでも、食べたーい!」

 

 

 

食べてもいいですが、食べたあとは、必ず歯を磨くようにしましょう。そうでないと、あとで虫歯になりますよ。
虫歯ができたら、痛みが襲ってきます。歯の痛みといえば、それはもう耐えられない痛みです。こんな耐え難いものはない、というほどの痛みです。歯が痛いと、頭まで痛くなってくるものです。

 

歯周病対策ならにいむら歯科医院におまかせ!

 

私自身も、高校生だった頃に歯が痛くて痛くてどうしょうもないときがありました。正直、歯医者に行くのが怖かったので、市販の薬を飲んで、痛みを止めてました。市販の薬もはじめは効いていたのですが、だんだん効かなくなっていきました。

 

 

 

「ちゃんと病院に行って、治療をうけて、病院の薬をもらって飲みなさい。」と、親に言われてしかたなく行った覚えがあります。そしていやいや歯医者に行ったのですが、行って正解でした。治療を受けるときは痛くて怖かったけれど、歯の痛みがなくなりました。

 

 

 

歯が痛いからといって、市販の薬は飲まないことです。体を痛めます。1年に一度でもいいので、歯医者に行って、歯を検査してもらい、歯石をとってもらうのがいいと思います。歯石は、歯垢が固まってできたものです。歯垢をそのままにしておけば、やがて歯周病になってしまいます。歯周病を放っておくと他の病気にかかってしまうかもしれません。

 

 

 

いつまでも健康で、おいしい物をおいしく食べたかったら、食べた後はかならず歯を磨く習慣をつけましょう。
美しい歯で、いつまでも健康でありたいものですね。