歯周病の予防

歯周病の予防記事一覧

歯周病の予防

歯周病を予防するためには、一番大事なのはやはり歯磨きのブラッシングだと言われています。いいブラッシング方法とは、毛先がまず自分の磨いているところに届いているのかどうか一番奥まで届いているのかなどを確認することです。そして、動かし方はとくに決められていませんが、円を描くように磨いていけばいいと思います...

≫続きを読む

 

歯周病予防のためのブラッシング

自分が歯周病であるということを感じ取るのはかなり難しいことであると言えます。なぜなら、歯周病というのは虫歯とはちがってほとんど痛みを感じることがないままに進行して悪化してしまうからです。たとえば、歯を磨いていてどうやら歯ぐきからの出血があるらしいことを確認した際に「もしかしたら自分は歯周病なのでは・...

≫続きを読む

 

歯の痛みはこわい

食事をした後や、甘いお菓子など食べた後に、きちんと歯を磨かないとあとで恐ろしいことになります。歯の痛みは、ほおっていては絶対にいけません!歯周病は本当に恐ろしい病気なのです。癌と同じように恐ろしい病気です。昔、こういう人がいました。歯周病にかかったのですが、そのままほおっておいて、歯が痛くなるといつ...

≫続きを読む

 

歯と食べ物

今、自分の目の前に、本当に美味しそうなケーキやパンがあったら食べたくなりますよね。でも、それは歯を病気にする甘い誘惑なのです。「それでも、食べたーい!」食べてもいいですが、食べたあとは、必ず歯を磨くようにしましょう。そうでないと、あとで虫歯になりますよ。虫歯ができたら、痛みが襲ってきます。歯の痛みと...

≫続きを読む

 

歯周病の自覚

自分自身が歯周病なのかどうか判断に迷うという人は多いと思います。激しくいたくはないが、何だか歯に違和感があるような気がするだとか、ほんの少し痛かったが放っておいたら痛くなくなったというようなものです。歯周病は歯が汚くなり菌が増え、歯茎が悪くなり最終的には歯の奥が悪くなっていきます。ですが歯周病になっ...

≫続きを読む

 

歯肉炎について

たいていの場合、歯周病のもっとも初期的段階の症状として考えられるのが、歯ぐきの腫れをともなう「歯肉炎」です。歯ぐきが腫れるという症状はおそらく多くの人が経験されていることと思いますが、もちろんそこにはいろいろな原因が考えられます。ただ、ここでは歯周病を歩み始めたと考えられる「歯肉炎」について考えてみ...

≫続きを読む

 

ブラッシング方法で歯周病を予防しよう

歯周病の原因は歯垢(ブラーク)ですから、ためない、増やさないことは基本です。まず正しい歯磨きの方法で毎日実行してください。磨く場所は、歯と歯の間、歯と歯肉の境目、歯ブラシの頭が届きにくい所(奥歯)です。歯ブラシの毛先が、磨くポイントにしっかりと当たるようにしましょう。そしてはじめは鏡を見ながら毛先が...

≫続きを読む

 

歯周病の兆候

虫歯の場合、進行にともなって強い痛みを呈することが多く、まああの痛みを気のせいだとしてやりすごしてしまうという人はまずいないでしょう。しかし、歯周病の場合、虫歯のような痛みがないまま進行していき、最終的には歯が揺れ、抜けてしまうことになります。ただ、歯が抜けるころになっても、虫歯の痛みに比べれば、そ...

≫続きを読む